広報誌「うるおい」(拡大版)第341号 2018年8月20日発行

目次 山梨ライトハウスから皆さんへ山視福協から山視民協からことばのミニ解説うるおい俳句教室暮らしのヒント用具部からのお知らせ
新しい図書の紹介 デイジー図書マルチメディアデイジー図書一般CD点字図書デイジー雑誌一般CD雑誌テープ雑誌点字雑誌

ライトハウスから皆さんへ

ロービジョン機器取扱者研修会に参加して
    盲人福祉センター貸出係 細川純子

 7月26、27日の2日間に渡り、日本点字図書館(日点)で行われた「ロービジョン機器取扱者研修会」へ参加しました。
 一日目は、「ロービジョン支援者からみた実情とヒント」と題し、東京視覚障害者生活支援センターの長岡所長から、医療と福祉の連携の進展や医療の発達による視覚障害者全体の様相の変化、視覚障害の認定基準の変更などについて講義を受け、その後、ロービジョン体験キット(視野狭窄など3種の見え方の違う眼鏡)をかけ、見え方の確認や筆記、歩行を体験し、見え方のタイプ別にどのような場面で一番不自由さを感じるのか、どのような支援が必要なのか、身をもって体感することができました。
 その後、日点の館内を案内してもらい、用途によって使い分けている広さの違う録音室や、蔵書室の書架状況、ダビング室を見学しました。
 二日目は、日点用具事業課職員に最新の視覚障害者用具(白杖、デイジー再生機、音声読み上げ装置、拡大読書器、時計など)についての説明を受けました。最近人気の折りたたみ杖「セガワケーン」(ゴムグリップ付き、全面夜光反射材付き)は、100%カーボンのため、重さや操作感共に軽く、つなぎ目部分が精密で“がたつき”が少なく、しかも日本製ととても画期的なものでした。カーボンと聞けば、耐久性に少し不安があるというイメージでしたが、ますます安心安全を備えたものになっていました。
 また、音声腕時計「GRUS(グルス)」は、電波受信機能を搭載した日本で初めてのアナログ音声時計で、時刻のほかに日付も教えてくれる優れもので、さらにおしゃれなデザインでファッションの一部として楽しめるものでした。ただし、音声が少し小さめなので、購入の際には体験の必要性を感じました。
 用具紹介終了後、日点から歩いて10分ほどの日点付属機関である「触れる博物館」を訪れ、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」や、「モナリザ」などの作品を、縮小版ながらも立体的に再現された精巧な作品一つ一つを触って作品の奥行や幅などの大きさや人の顔の表情など細かいところまで手で感じ取ることが出来ました。次回の企画展は、「宇宙をさわる」をテーマに8月17日~12月22日まで毎週水・金・土曜日に開館しているそうですので、是非、天体などの模型に興味のある方は触ってみてはいかがでしょうか?
 二日目午後は、「ロービジョン支援者のメンタルヘルスケア」というテーマで、神戸市立神戸アイセンター病院心理カウンセラーの田中先生に、自分自身のコンディションの整え方、相談を受ける時のポイントなどを学びました。利用者の皆様方へ気持ちよく対応するためには、まずは自らが心身ともに元気でいなければならないことを感じました。この2日間で学んだ事が、利用者の皆様のために生かせるようにしていきたいと思います。

山視福協から

山梨県立盲学校の沿革について  副会長 広瀬清敏

 うるおい読者の皆さん残暑厳しい折、いかがお過ごしでしょうか。
伝統ある山梨県立盲学校は、平成31年5月11日に創立100周年を迎えます。100年をさかのぼりますと、大正8年になります。
その原点は、甲府市琢美尋常小学校講堂(当時の甲府市深町、現在の城東1-12)において、私立山梨訓盲院として、開院式を挙行しました。大正12年には、甲府工芸学校に2教室を借り、移転を果たしました。大正13年には、甲府市百石町(現在の県ボランティアセンター南)を新校舎として移転し、大正14年には、山梨県あんま術指定校となりました。昭和に入り県に移管され、山梨県立代用盲唖学校から山梨県立盲唖学校と名称を変えながら、昭和19年に甲府市日向産業取り締まり所(甲府市北口、県立図書館付近)の一部に移転し昭和24年に聾学校と分離して山梨県立盲学校となりました。昭和38年には、甲府市下飯田2-10-2に、校舎寄宿舎が完成し、さらに、平成18年、19年に、新校舎、体育館、寄宿舎が、同地に竣工して、現在にいたっています。

ことばのミニ解説

 毎日暑い日が続きますが、そんな暑さも吹き飛ばしてくれる「花火」の種類について解説します。花火には、割物(わりもの)、半割物(はんわりもの)、小割物(こわりもの)、ポカ物、仕掛け花火など様々な種類があるそうです。
 割物とは、代表的な打ち上げ花火で、円く大きく開くのが特徴で、形によって名前がついていて、菊は、パッと爆発した後に火の粉を引きながら燃えていきます。牡丹(ぼたん)は、菊と基本的な構造は同じですが、爆発した後に尾を引くかどうかが違います。尾を引かずに光の点で丸い牡丹の花を描きます。
 半割物は、割物に比べて割れ方が弱く、長く垂れ下がるタイプで、銀冠菊(ぎんかむろぎく)は、パッと開いた後に光跡が柳のように長く垂れ下がっていき、一斉に打ち上げられると華やかなイメージです。
 小割物は、たくさんの小花が一斉に開くのが特徴で、千輪菊は、小さい菊がたくさん花開く様子がかわいいです。
 ポカ物は、火薬量が少なく、上空で「ポカッ」と音をさせる花火で、ブーと高音でうなりながらランダムに飛び回る「蜂」も、このポカ物の代表的な花火です。
 仕掛け花火は、打ち上げとは異なり文字やロゴが浮かぶものや、ナイアガラの滝を表現した仕掛けが有名です。スターマインは、速射連発花火のことで、連続していくつもの花火を打ち上げる仕掛け花火です。
 花火は、夏の風物詩のひとつ。体の芯を揺さぶるかのような轟音と後にほんのり漂う火薬の香りに納涼気分を体感して、しばしこの猛暑を忘れたいものですね。

うるおい俳句教室 越石 一彦 選評

埜村 和美
緑陰や揃ふ姉妹のハーモニカ
(評)鮮やかな映像と郷愁を誘う音楽を表現。やわらかい風に揺れる青葉と美しくどこか懐かしいハーモニカの音色の調和が見事です。いにしえのふるさとが思い出される一句となりました。

雑魚寝して試合間近き夏休み
(評)試合直前の運動部の夏合宿を想像しました。疲れ切って雑魚寝している部員等の寝相の悪さが目に浮かぶようです。また一斉に目覚めて、溌剌と練習に向かうことでしょう。この句も映像の切り取りが見事な一句となっています。

加藤 隆
かつてない暑さ己を癒しけり
(評)この夏、甲府の最高気温は四十度越え。かつてない猛暑とのこと。エアコンと扇風機をフル活動させ各自熱中症対策に取り組んでいることでしょう。まさに掲句は今年の猛暑に対する素直な感慨を一句に表しています。

小松 瑛
緑陰を求め小川に足を投げ
(評)掲句も季節感に溢れた印象豊かな一句ですね。緑陰と素足に伝わる爽快感との取り合わせが絶妙です。今年は記録的な猛暑ですが、一読して涼しさが足から伝わって来ます。

小川 賢治
大雨が吹き荒れてゐる戻り梅雨
(評)関東地方ではなんと六月中に梅雨が明けてしまいました。そして掲句のとおり戻り梅雨は台風を巻き込んで大雨でしたね。この句も目の前の異常気象を事実ありのままに表現しています。

台風は来てほしくない今年また
(評)今月の台風はなんと日本列島の東から西へと進路を取りました。異常気象が続き、大雨による被害も甚大。水不足も困りますが掲句のようにできることなら災害をもたらす台風は来てほしくはないですね。実感です。

石井 迪男
公園に声一つなき大暑かな
(評)灼熱の公園という具体的な情景を以て大暑を表現していますね。俳句ではとても大切なこと。子供たちの遊ぶ声さへ聞こえない、陽炎の立ち昇る異様な公園の様子がはっきりと見えてきます。

一切れの鯖に遙かな海の蒼
(評)「青」ではなく「蒼」としたことで一句に深みが生まれました。「蒼」は深々とした緑がかった色でやや暗いイメージの色。一切れの鯖にこの「蒼い海」の拡がりを見た作者はまさしく俳人ですね。

中牧 洋子(ひろこ)
夏痩せの猫仮退院の膝の上
(評)猫も夏痩せをするんですね。中牧さんが言うんですから間違いはないでしょう。掲句は仮退院した作者の心情が、夏痩せした猫を通してよく表れています。家族の一員である猫とまた離れなければならない悲しさまでが伝わって来ます。

熱帯夜明日切る髪をもてあそぶ
(評)髪を「もてあます」とすると熱帯夜の鬱陶しさがさらに増してきますが、作者は明日切る髪を「もてあそぶ」と遊び心を表現し、熱帯夜の不快感を和らげています。明日の髪を切った後の爽快感も想像できる一句ですね。

古屋 保
仏壇に馬牛飾り親を待つ
(評)「ご先祖様が早く帰ってこれるように迎えは馬で、帰りは牛でゆっくりと」子供の頃お坊さんに教わり、我が家では、馬はこちら向きに、牛は後ろ向きに飾っていました。お盆のスタイルは各地方で違っていても、掲句の通り両親を始めご先祖様を待つ心は同じ、ずっと大切に伝えていきたいものです。

中山 伊知郎
野良仕事甘酒飲んで一休み
(評)意外ですが「甘酒」は夏の季語となっているんですね。栄養価が高く、昔から暑気払いとしても飲まれていたそうです。野良仕事も一段落、よく冷えた甘酒の味はさぞかし美味しかったことでしょう。掲句も日常ありのままの情景を素直に一句にしています。

「総評」

 今月は「映像豊かな句」「実感を中心としたありのままの句」という点で秀句が揃いました。
今やテレビでもすっかりお馴染みとなった「俳句」ですが、番組の中でよく言われることは、「一句を一読して映像としてすぐ浮かび上がってくるかどうかが大切」ということです。つまり、頭の中で考えた理屈だけの俳句ではなく、具体的に事実ありのままの描写が中心となっているかどうかということ。その描写に自分の個性が反映されていればその一句は間違いなく「秀句」となるでしょう。豊かな描写、個性的表現に注力してこれからも作句していきましょう。
次回は「晩夏」から「新涼」の候でしょうか。皆さんの個性的な一句楽しみにしています。

「掬はれてよりいとほしき金魚かな」 一彦

先月号のうるおい俳句に作者の誤りがありました。
「夏帽子病院通いの停留所」 小松瑛さんとご紹介しましたが、石井迪男さんの誤りでした。訂正し、お詫びいたします。

それでは、25日締め切り厳守でご投句をお待ちしております。

暮らしのヒント

今月の暮らしのヒントは、「避難情報」です。

 お住まいの市町村から発令される避難情報について確認しましょう。
避難情報には、以下のものがあります。発令された際は避難等を行い、身を守りましょう。

①避難勧告や避難指示(緊急)を発令することが予想される場合
「避難準備・高齢者等避難開始」が発令されます。
 避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)とその支援者は避難を開始しましょう。その他の人は、避難の準備を整えましょう。

②災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が高まった場合「避難勧告」が発令されます。
・速やかに避難場所へ避難をしましょう。
・外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、近くの安全な場所への避難や自宅内のより安全な場所に避難をしましょう。

③災害が発生するなど状況がさらに悪化し、人的被害の危険性が非常に高まった場合
・「避難指示(緊急)」が発令されます。
・まだ避難していない人は、緊急に避難場所へ避難をしましょう。
・外出することでかえって命に危険が及ぶような状況で は、近くの安全な場所への避難や自宅内のより安全な場所に避難をしましょう。

新しい図書の紹介

◎デイジー図書

8-1

伊坂 幸太郎 著 8:38
AX アックス

内容 伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる、待望の最新作!最強の殺し屋は―恐妻家。物騒な奴がまた現れた!新たなエンタメの可能性を切り開く、娯楽小説の最高峰!「かぶと兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。一人息子のかつみ克巳もあきれるほどだ。兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。書き下ろし2篇を加えた計5篇。シリーズ初の連作集。(音訳者 佐々木 泰子)

8-2

江宮 隆之 著 11:09
真田昌幸

内容 武田信玄がその才を見抜き「わが両眼の如く」と認めた戦国随一の智謀の将は、武田滅亡後、信濃の一武将でありながら常にその動静が注目される存在となる男の波乱の生涯。(音訳者 加藤 昌子)

8-3

司馬 遼太郎 著 10:33
空海の風景 上

内容 平安の巨人空海の思想と生涯、その時代風景を照射し、日本が生んだ最初の人類普遍の天才の実像に迫る。構想十余年、著者積年のテーマに挑む司馬文学の記念碑的大作。昭和五十年度芸術院恩賜賞受賞。(音訳者 渡辺 清子)

8-4

司馬 遼太郎 著 11:43
空海の風景 下

内容 大陸文明と日本文明の結びつきを達成した空海は、哲学宗教文学教育、医療薬施(せやく)、土木灌漑建築と八面六臂の活躍を続ける。その死の秘密もふくめて描く、完結篇。(音訳者 渡辺 清子)

8-5

帯津 良一 著 2:56
いさぎよく死ぬ生きかた

内容 人生は選択の連続。たとえいくつでも生き死には変えられる-。医師としてがん治療の現場で働くこと55年、80歳を超えてなお現役の著者が、自身の健康観、死生観、そして世界観を綴る。(音訳者 関根 正子)

8-6

菅原すがわらけい 3:50
お金持ちが肝に銘じているちょっとした習慣

内容 「遅刻をしない」「スマホに振り回されない」「財布を整理する」「部屋をきれいに保つ」…。お金持ちがお金より大切にしている習慣を紹介し、彼らがなぜそれを厳守しているのか、その秘密に迫ります。 (音訳者 佐藤 久美子)

8-7

江宮 隆之 著 5:43
立花宗茂たちばなむねしげ「義」という生き方

内容 関ケ原ですべてを失いながら、旧領回復を成し遂げた立花宗茂。逆境にも折れない心はどこから生まれたのか?不遇な時期を乗り越えて返り咲いた宗茂の爽やかな生き方から、現代人へのメッセージをすくいとる。 (音訳者 有泉 春枝)

8-8

末井すえいあきら 6:05
結婚

内容 恋愛、不倫、金銭、性欲、エゴ、離婚、再婚。結婚をめぐる男と女の生き方を、末井昭が誤魔化すことも正当化することもなく、そのまま描く。『ウェブ平凡』連載に加筆修正し、高橋源一郎げんいちろう、植本一子うえもといちことの対談を加え書籍化。(音訳者 平嶋 敏子)

8-9

夏生なつお さえり 著 2:48
口説き文句は決めている

内容 妄想ツイートが話題のライターによる、食と恋のエッセイ集。表題作をはじめ、「彼に振る舞うオムライス」「振られた後に食べたいもの」など全22篇を収録。(音訳者 平間 恵美子)

8-10

瀬尾 まいこ 著 7:02
君が夏を走らせる

内容 金髪にピアスでふらふらしている俺が、先輩の子どもの面倒をみる羽目に…。なんとかひと夏を乗り切ろうとする16歳の不良少年・大田の、出会いと別れの物語。(音訳者 武藤 紀子)

8-11

船木ふなきとおる 8:33
ドゥルーズ (人と思想 123)

内容 20世紀のフランス現代哲学を代表する哲学者ドゥルーズ。彼の哲学とはどのようなものであったかを、その生涯を追いながら明らかにする。(厚生労働省委託図書)

8-12

副島そえじま 正光まさみつ 6:53
大乗仏教だいじょうぶっきょうの思想(人と思想 132)

内容 古代インドで展開した大乗仏教。初期大乗仏教の経典である般若経典類から、仏教の基本思想を明らかにし、ひとつの哲学体系の構築を試みる。(厚生労働省委託図書)

8-13

山﨑 のぼる 7:10
良寛(人と思想 149)

内容 僧でありながら生涯寺をもたず、人と自然をこよなく愛し、74歳まで生きぬいた良寛。彼の実像と思想を、逸話を透かしながら浮き彫りにする。(厚生労働省委託図書)

8-14

出村でむらあきら 著 7:39
カステリョ (人と思想 120)

内容 16世紀ヨーロッパの宗教戦争の最中、内面的真理・真実の領域において、良心の尊厳を毅然として主張した神学者カステリョ。彼の人生と思想を紹介する。(厚生労働省委託図書)

8-15

菊地 多嘉子たかこ 6:36
リジュのテレーズ (人と思想 125)

内容 カルメル会の修道女リジュのテレーズは、深遠な神秘思想を単純明快に説き、これを生き抜いた。彼女の中心思想を、その生涯の歴史的流れに沿って述べる。(厚生労働省委託図書)

8-16

木村 裕主ひろし 7:53
ムッソリーニ ファシズム序説(人と思想 130)

内容 イタリアの政治家ムッソリーニが提唱した“ファシズム”という思想。彼の伝記的要素を織り込みながら、ファシズムの発生から形成過程をまとめる。(厚生労働省委託図書)

8-17

江尻えじり 美穂子みほこ 8:19
神谷かみや美恵子みえこ(人と思想 136)

内容 らい療養所愛生園あいせいえんの医師を務めた神谷美恵子。妻・母・医師・教師、さらに文筆家として誠実に生きた彼女の生涯を描きつつ、基となった思想を探る。(厚生労働省委託図書)

8-18

せき 楠生くすお 7:05
白バラ 反ナチ抵抗運動の学生たち(人と思想 124)

内容 ヒトラーの独裁体制に対する抵抗運動に立ち上がった大学生たちが配布したビラ〈白バラ〉。彼らの抵抗運動がどのようなものだったのかを論じる。 (厚生労働省委託図書)

8-19

岩淵いわぶち 達治たつじ 8:14
シュニツラー(人と思想 118)

内容 森鴎外訳の戯曲「恋愛三昧」などで知られる劇作家シュニツラー。エロスと死の作家と考えられてきた彼の作品の社会性を、生涯を追いつつ明らかにする。(厚生労働省委託図書)

8-20

つじとおる、稲垣 直樹 著 8:10
アレクサンドル=デュマ(人と思想 139)

内容 『三銃士』等の作品で知られる作家アレクサンドル=デュマ。無類の浪費家、国会議員への立候補と落選…。19世紀フランスを生きた彼の実像を捉えなおす。(厚生労働省委託図書)

8-21

野内のうち 良三りょうぞう 7:23
ヴェルレーヌ(人と思想 121)

内容 堀口大学らの翻訳で知られるフランスの詩人ヴェルレーヌ。スキャンダルに満ちた彼の生涯と、平明で陰影に富んだ作品に通底する論理を明らかにする。(厚生労働省委託図書)

◎マルチメディアデイジー図書

8-1

吉海よしかい 直人なおと 監修 1枚
見る・知る・味わう「百人一首」手帖

内容 百人一首を美しいかるたとともに手軽に味わえる本。江戸時代前期に作られた、肉筆の「百人一首かるた」(時雨殿しぐれでん所蔵)をカラーで掲載し、歌の意味や作者などを紹介する。当時の貴族の生活様式や生き方も説明。(寄贈:ワコール労働組合)

◎一般CD

これは、CDデッキでも再生できます。プレクストークをお持ちでない方、もちろんプレクストークをお持ちの方にも楽しんでいただけます。1枚の平均時間は70分くらいです。

8-1

あらし 圭史けいし 朗読 12枚
平家物語

内容 琵琶法師たちの口承によって、時代を超えて語り継がれてきた古典文学の傑作『平家物語』を、劇団前進座の俳優・嵐圭史が全巻原文朗読。(寄贈:八田はった 雅子様)

◎点字図書

8-1

黒川 そう 全3冊
明るい夜

内容 ふいに消えた女友だち、最初の1行が書き出せない彼、眠れないわたし…。寄る辺ない男と女の、鴨川べりに展開する人間模様。心の底に潜む記憶をそっとすくいあげて確かめるような小説。(他館複製図書)

8-2

吉海よしかい 直人なおと 監修 各2冊
見る・知る・味わう「百人一首」手帖

内容 百人一首を美しいかるたとともに手軽に味わえる本。江戸時代前期に作られた、肉筆の「百人一首かるた」(時雨殿所蔵)をカラーで掲載し、歌の意味や作者などを紹介する。当時の貴族の生活様式や生き方も説明。(寄贈:ワコール労働組合)

8-3

恩田  陸 著 各4冊
終りなき夜に生まれつく

内容 僕たちは、同じ種族だ。永遠に終わらない夜を生きていく種族。のちに何件もの大規模テロ事件を起こし、犯罪者たちの王として君臨する男、神山かみやま。市民に紛れて生きていた彼を追う雑誌記者が見たものとは。(点訳者:萩原 敏美)

8-4

吉田 幸代ゆきよ 全3冊
泣かないで、沙保里さおり

内容 度重なる逆境を子育てのエネルギーに換えてきた吉田沙保里の母が、愛娘の「負け」から立ち上がってきた年月を、豊富なエピソードと共に明かす。「負けても立ち上がる」心の強い子を育てるヒントも満載。(点訳者:町田 純江)

◎デイジー雑誌

東京ヘレンケラー協会 1枚
ライト&ライフ 8月号

ライト&ライフは、点字雑誌として貸出を行ってまいりましたが、購読者の希望で今月よりデイジー雑誌として貸出を行うことになりました。内容は、特集記事では熱帯夜こそパジャマやグッズ紹介コーナーでは、木工製品用オイル、紙製まな板シートなどの紹介、その他そうめんの食べ方、食べやすい大根の漬物など生活に密着したものとなっています。収録時間は約1時間と気軽に聞くことが出来る雑誌ですので是非、リクエストをどうぞ。なお、貸出は1枚のデイジーを購読希望者へ順番でお送りいたしますので、お届けに時間がかかる場合がありますがご了承下さい。

◎一般CD雑誌

内閣府 委託 1枚
明日への声 Vol.62

◎点字雑誌

内閣府 委託 1冊
ふれあいらしんばん Vol.62
日本盲人キリスト教伝道協議会 寄贈 1冊
信仰 2018年7月号
日本盲人キリスト教伝道協議会 寄贈 1冊
信仰 2018年8月号
全日本鍼灸 マッサージ師会 寄贈 1冊
月刊東洋療法 292号 2018.8.1発行

≪用具部からのお知らせ≫

 今回は、白杖のポケッタブルケーン・WCIBが生産終了にともない新しい使いやすい杖はないかと探していたところ「セガワケーン」は日本製でもあり良いのではと思い、紹介させていただきます。

品名:セガワケーン(折りたたみ)スタンダード
販売価格 :5,850円 +送料300円
*商品の特徴
実際の重量、操作感共にとても軽い白杖です。つなぎ部分がとても精密に仕上げられており、がたつきが感じられません。
材質は100パーセントカーボンのため、軽くても丈夫です。
杖の長さを90cm〜140cm(5cm刻み)の中からお選びください。
杖の長さ・段数・折りたたみ長さ・重さ
90cm 4段折り 27. 5cm 133g
95cm 5段折り 23. 7cm 141g
100cm 5段折り 24. 6cm 144g
105cm 5段折り 25. 5cm 147g
110cm 5段折り 26. 4cm 150g
115cm 5段折り 27. 3cm 153g
120cm 5段折り 28. 5cm 157g
125cm 5段折り 29. 8cm 160g
130cm 5段折り 30. 5cm 164g
135cm 5段折り 31. 4cm 167g
140cm 5段折り 32. 3cm 170g

品名:セガワケーン(折りたたみ)ローラーチップ式
販売価格:7,855円+送料300円
*商品の特徴
•単独歩行用で、スライドテクニックという歩行テクニックをするために、ローラーチップを付けた杖です。ローラーチップの先端は丸い球のような形で、杖を軸として横方向に回転します。ローラーチップを地面につけたまま、杖を左右にスライドさせながら歩きます。スライドさせながら歩くことにより路面情報が点から線になり、歩きながらスライドさせることによって線から面の情報になっていきます。(スタンダードチップ、パームチップ、ローラーチップ、ティアドロップのどれが使いやすいかは、個人差があります。)
杖の長さ・段数・折りたたみ長さ・重さ
90cm 4段折り 27. 5cm 139g
95cm 5段折り 23. 7cm 157g
100cm 5段折り 24. 6cm 160g
105cm 5段折り 25. 5cm 163g
110cm 5段折り 26. 4cm 166g
115cm 5段折り 27. 3cm 169g
120cm 5段折り 28. 5cm 173g
125cm 5段折り 29. 8cm 176g
130cm 5段折り 30. 5cm 180g
135cm 5段折り 31. 4cm 183g
140cm 5段折り 32. 3cm 186g

品名:セガワケーン(折りたたみ) パームチップ式
販売価格 :8,650円 +送料300円
*商品の特徴
•パームチップは、かさの厚いキノコのような形をしています。このキノコのカサにあたる部分に弾力性のあるゴムが装着してあります。この特殊なゴムの弾力によって、路面の凹凸をチップが乗り越えるようになっています。今お使いの白杖のチップが突っかかり、白杖が振りづらいという経験をした方は多いと思いますが、パームチップはこのような経験を軽減します。重量も20グラムと軽く、滑らせたり軽く叩いて歩いたり、杖の使い方を選びません。(スタンダードチップ、パームチップ、ローラーチップ、ティアドロップのどれが使いやすいかは、個人差があります。)
杖の長さ・段数・折りたたみ長さ・重さ
90cm 4段折り 27. 5cm 144g
95cm 5段折り 23. 7cm 152g
100cm 5段折り 24. 6cm 155g
105cm 5段折り 25. 5cm 158g
110cm 5段折り 26. 4cm 161g
115cm 5段折り 27. 3cm 164g
120cm 5段折り 28. 5cm 168g
125cm 5段折り 29. 8cm 171g
130cm 5段折り 30. 5cm 175g
135cm 5段折り 31. 4cm 178g
140cm 5段折り 32. 3cm 181g

品名:セガワケーン(折りたたみ)ティアドロップ式
販売価格:7,120円+送料300円
*商品の特徴
•直径約30mmの楕円形をした形をした石突です。ローラーチップのように回転はしないのでスライドさせたときはやや重く感じられます。しかし接地面がスタンダードの石突に比べ多いので路面情報が手元に伝わりやすくなっています。(スタンダードチップ、パームチップ、ローラーチップ、ティアドロップのどれが使いやすいかは、個人差があります。)
杖の長さ・段数・折りたたみ長さ・重さ
パームチップ式と同じ

品名:セガワスリムケーン(折りたたみ)スタンダード
販売価格:5,300円+送料300円
*商品の特徴
・セガワケーンをスリムでさらに軽量、コンパクトにしたシンボルケーン。握りやすいようにグリップ部分はゴム製で、シャフトよりもやや太いものが採用されています。つなぎ部分が精密に作られており、がたつきがほとんど感じられません。杖の長さを85cm〜130cmの中からお選びください。
杖の長さ・段数・折りたたみ長さ・重さ
85cm 6段折り 19cm 84g
90cm 6段折り 20. 5cm 86g
95cm 6段折り 21cm 88g
100cm 7段折り 18. 5cm 93g
105cm 7段折り 19. 3cm 96g
110cm 7段折り 20. 2cm 100g
115cm 7段折り 20. 7cm 103g
120cm 7段折り 21. 6cm 107g
125cm 7段折り 22. 5cm 110g
130cm 7段折り 23. 4cm 113g

※補装具費支給制度対象品
見本が数本ありますので、体験もできます。
補装具の対象商品ですが、市町村によって対応が違いますので、まずはご相談ください。
連絡先:代表電話(055-222-3502)
:貸出専用電話(055-223-1113)