点字について

点字って?

 点字は1825年、フランス人の視覚障害者であったルイ・ブライユによってつくられました。
日本では、1890年(明治23年)に石川倉次によって五十音に組かえられました。

点字の形って?

 点字は縦3点、横2点の6点の組み合わせからできています。また、その単位を「マス」といいます。6点の組み合わせはスペースまで入れると64通りあり、五十音や記号などを表わしています。

 ①④      ④①
 ②⑤      ⑤②
 ③⑥      ⑥③
 マス      マス
(凸面)    (凹面)

1.五十音は(アイウエオ)が母音となり、基本になっています。

●ー  ●ー  ●●  ●●  ー●
ーー  ●ー  ーー  ●ー  ●ー
ーー  ーー  ーー  ーー  ーー
ア   イ   ウ   エ   オ

(これは凸面です。書くときは反対になります。)
①②④の点で母音を表わし、③⑤⑥の点で子音を表わします。

カ行は母音のア行に子音の6の点を加えます(○印のところです)

●ー  ●ー  ●●  ●●  ー●
ーー  ●ー  ーー  ●ー  ●ー
ー○  ー○  ー○  ー○  ー○
 カ   キ   ク   ケ   コ

サ行は母音のア行に子音の5・6の点を加えます。

●ー  ●ー  ●●  ●●  ー●
ー○  ●○  ー○  ●○  ●○
ー○  ー○  ー○  ー○  ー○
 サ   シ   ス   セ   ソ

ナ行は3の点
ハ行は3・6の点
マ行は3・5・6の点
ラ行は5の点を加えます。

このように母音と子音の組合せによって五十音ができています。
ローマ字に似てると思いませんか。

ヤ行はちょっと違ってア・ウ・オを下げて、それに4の点を加えます。

ー○      ー○      ー○
ーー      ーー      ー●
●ー      ●●      ●ー
 ヤ       ユ       ヨ

ワ行は形で覚えましょう。

ーー      ーー      ーー
ーー      ー●      ー●
●ー      ●ー      ●●
 ワ       ヲ       ン

2.濁音(がぎぐげごのような濁った音)

2マス使って表します。濁った音(゙)は5の点で表わします。

ーー●ー  ーー●ー  ーー●●  ーー●●  ーーー●
ー○ーー  ー○●ー  ー○ーー  ー○●ー  ー○●ー
ーーー●  ーーー●  ーーー●  ーーー●  ーーー●
 ガ     ギ     グ     ゲ     ゴ

3.半濁音(ぱぴぷぺぽ)

(゚)は6の点で表わします。

ーー●ー  ーー●ー  ーー●●  ーー●●  ーーー●
ーーーー  ーー●ー  ーーーー  ーー●ー  ーー●ー
ー○●●  ー○●●  ー○●●  ー○●●  ー●●●
 パ     ピ     プ     ペ     ポ

4.数字

数字は、五十音のア、イ、ウ、ル、ラ、エ、レ、リ、オ、ロと点の並び方が同じなので、前に数符をつけて表わします。

ー●●ー    ー●●ー●ー    ー●●ー●ー●●
ー●ーー    ー●ーー●ー    ー●ーー●ーーー
●●ーー    ●●ーーーー    ●●ーーーーーー
(数符)1      12         123

点字を書くときは

1.点字はすべて横書きです。書くときは右から左へ、読むときは左から右へ。

2.音がつまる場合、小さい「ッ」は促音符を使って書きます。

 ーー    ●ーーー●ー   ●ーーー●ー
 ●ー    ー●●ー●●   ーー●ー●●
 ーー    ●●ーー●ー   ーーーー●ー
促音符     マッチ      アッチ

3.助詞の「は」「へ」は発音通りに「ワ」「エ」と書きます。

私は(ワタシワ)  買い物へ(カイモノエ)

4.「う」と書くのびる音は、長音符を使って書きます。地名・人名など固有名詞も同様に長音符を使って書きます。

 ーー       学校(ガッコー)
 ●●       公園(コーエン)
 ーー       甲府(コーフ)
長音符       優子(ユーコ)

5.言葉の区切りをはっきりさせるためにわかち書きと言って、意味のまとまりごとに区切って書きます。

あかいくつはいてたおんなのこ
「赤い 靴 はいてた 女の 子」(女の人の子供)
「赤い 靴 はいてた 女の子」(少女)

区切るところによって意味が変わってしまいますので、一定のルールでわかち書きをします。

ここでは、点字について一部だけご紹介しました。点字に興味を持ち、ボランティアを志したい方は、お気軽にお問い合わせください。