白い杖作文

白い杖愛護作文受賞者

小学校低学年の部

区 分 学 校 名 学年 氏  名 題 名
最優秀 甲府市立相川小学校 岩﨑いわさき 凜太郎りんたろう 目が見えなくても感じられる
優 秀 甲府市立池田小学校 内田うちだ 結菜ゆな みんな同じいのち
優 秀 甲府市立池田小学校 平林ひらばやし はな わたしがやくにたてるようになるまで
優 秀 甲府市立善誘館小学校 小山田おやまだ 真太郎しんたろう おばあちゃん
優 秀 甲府市立新田小学校 小澤おざわ 綺里歌きりか 目がみえないってどんなこと
優 秀 山梨大学教育学部附属小学校 堀之内ほりのうち いぶき まほうの白いつえ

小学校高学年の部

区 分 学 校 名 学年 氏  名 題 名
最優秀 甲府市立新田小学校 古明地こめいじ まさき 目が見えないってどんなこと
優 秀 北杜市立高根東小学校 清水しみず かおる 今の私に出来ること
優 秀 北杜市立高根清里小学校 はた 恵万えま 一緒に歩きたい
優 秀 富士吉田市立下吉田東小学校 渡邊わたなべ 凛太郎りんたろう 目の不自由な人と出会ったら
優 秀 甲府市立朝日小学校 田中たなか 保咲奈ほさな 目が見えないってどんなこと?
優 秀 笛吹市立石和西小学校 坂本さかもと れい やさしさを広げよう

中学校の部

区 分 学 校 名 学年 氏  名 題 名
最優秀 甲府市立城南中学校 小島こじま 千歩ちほ 真の援助を考える
優 秀 甲州市立勝沼中学校 池田いけだ 脩翔しゅうと 前を見る
優 秀 甲府市立南中学校 角田つのだ 綾花あやか 尊重する社会
優 秀 甲府市立南中学校  禮因いえいん 思いやり
優 秀 甲府市立北西中学校 小泉こいずみ 俊太しゅんた 思いやりの勇気を持てる人に
優 秀 北杜市立甲陵中学校 浅川あさかわ 小鼓音ここね 心の杖

高等学校の部

区 分 学 校 名 学年 氏  名 題 名
最優秀 甲府南高等学校 小西こにし 真由まゆ 盲導犬と共に生きる
優 秀 山梨英和高等学校 櫻井さくらい みち 目が見えないことの素晴らしさ
優 秀 甲府南高等学校 望月もちづき 尭深とおみ 盲導犬の一生と社会
優 秀 白根高等学校 山口やまぐち 大輔だいすけ 進むということ
優 秀 山梨高等学校 山本やまもと 実夢みゆ 寄り添い、共に生きていく
優 秀 山梨高等学校 矢崎やざき ゆい 私が体験したこと

生活体験文受賞者

児童生徒の部

区 分 学 校 名・学 年 氏  名 題 名
最優秀 盲学校小学部6年 山宮やまみや 叶子かこ 六年間で学んだこと
優 秀 盲学校小学部6年 じょう 琉乃介りゅうのすけ 公共交通機関を使っての初めての修学旅行
優 秀 盲学校中学部3年 渡邉わたなべ 伊吹いぶき 僕のお母さん
優 秀 盲学校高等部本科普通科3年 髙遠たかとう 涼介りょうすけ 僕の大好きなこと

一般の部

区 分 市町村名 氏  名 題 名
最優秀 富士川町 たに 龍三りゅうぞう eye犬(ムーラン)と共に
優 秀 身延町 平田ひらた 政夫まさお 悔いなき人生を送るため今できる事を楽しむ
優 秀 甲斐市 中村なかむら 洋子ようこ 一人ぼっちじゃない
優 秀 南アルプス市 滝沢たきざわ 清江きよえ やさしい気持ちにつつまれて

白い杖愛護作文最優秀作品

《小学校低学年の部》

甲府市立相川小学校 3年 岩﨑 凜太郎

目が見えなくても感じられる

 アイマスクを着けたら、目の前がまっ暗でどこにいるのかがわからなくなりました。自分の足音なのに、だれかがいるのかな、と不安になりました。
 ぼくは夏休みに「目が見えないってどんなこと?」という体けん会に行きました。となりのトトロの映画を耳で聞いた時、映ぞうがないとるまらないかなと思ったけど頭で想ぞうできました。目が見えない人は、いろんなことを想ぞうして、おもしろいと感じることがすてきだと思いました。
 さかい先生が一緒にくらしている盲導犬のお話をしてくれました。盲導犬は、あぶない時は主人の命令を聞かずに止まります。すごいと思いました。ずっと仕事をしていて大じょうぶなのかなと思っていたけど、先生がハーネスをとるとすごくじゃれていました。「ずっと大変なわけじゃないんだ」とぼくはほっとしました。ぼくは初め、見えないことはちょっとかわいそうだと思っていました。おいしそうな食べ物とか映ぞうがみられないからです。でも先生は、「不便だけど不幸じゃない」と言いました。先生は見えなくても卓球や野球やソフトボールをしています。目が見えないからできないんじゃなくて、がんばればなんでもできるんだと思いました。
 ぼくの家からは、青い空や緑色の山が見えます。春の山はピンク色で、秋はオレンジ、冬は白くなります。でも、体けん会に行って虫の鳴き声や風のあつさやさむさ、葉っぱのにおい。季節や景色は見えなくても感じられることがわかりました。感じられる数はみんなちがうけど、目が見える人も見えない人も、みんな感じることはできます。ぼくは、たくさんのことを目の見えない人から教えてもらったので、もし目の見えない人がこまっていたら今度はぼくが教えてあげたいです。

《小学校高学年の部》

甲府市立新田小学校 4年 古明地 正稀

目が見えないってどんなこと

 みなさんは、目が急に見えなくなったらどうしますか。ぼくは、悲しくて悲しくて泣いてしまうと思います。
 ぼくは、先日「目が見えないってどんなこと」というイベントに参加しました。
 もう学校の酒井先生から話を聞きました。酒井先生は、九才の時に病気が原因で目が見えなくなったそうです。全ぜん見えない全もうではなく、少しだけ、かすかに見えるようですが、九才なんて「ぼくと同じだ」と思いました。でも酒井先生は、目が見えない事を全ぜん気にしていなくて、もうどう犬といっしょに全国を旅する元気な人でした。ふだんぼく達がふつうにする事は、ふつうにできないけど、見えない事でできない事なんてないんだと教えてくれました。
 次にぼくは、目が見えない体験をしました。アイマスクをつけて、もう一人の人に手を取って案内してもらいました。教室のせまい中でも、見えない事がこわくて不安だということを、初めて知りました。安全な教室の中でもこわいのに、目の見えない人達は、見えない外を歩く事ができてすごいと思いました。でもきけんを知る事ができないので、点字ブロックの上に自転車などを置くのは、絶対やめてほしいと思いました。目の見えない人にどういうことをしたらいいのかを教えてもらって本当にうれしかったです。
 もうどう犬の事をいろいろと教えてもらったり、クイズをしたりしました。ハーネスをつけている時は、仕事中なので、声をかけたり、さわったりするのはやめてほしいと知りました。ぼくは、動物が大好きなので、ついさわってしまいますが、これからは、さわるのは、がまんしようと思いました。
 昔と比べて、道具も便利になり、目が見えない人達も前ほど苦労する事も少なくなっているのかもしれないけど、あぶなくないようにやさしく声をかけたいと思いました。

《中学校の部》

甲府市立城南中学校3年 小島 千歩

「真の援助を考える」

 車で母と信号待ちをしていた時、反対側の歩道に白杖をついて歩く年配の女性と並んで歩く若い男性を見ました。女性は健常者ではないかと思える程のスピードでスタスタと歩き、男性もそれに驚いている様子もなく女性に合わせて歩いていました。二人は交差点にたどり着き、横断歩道を渡っていきました。ちょうど渡り終える頃、向かいから自転車がくるのが見えました。「危ないな」と思った時、若い男性がすっと女性の一歩前に出て自転車とすれ違いました。すれ違った後また男性はすっと元の位置に戻って何事もなかったかのように女性と並んで歩いていきました。
 あまりにスムーズな動きに、もしかしたら女性は健常者かもと話すと母は笑って、「あの同行援護さん、上手よね」と言いました。このとき、はじめて「同行援護」という言葉を知りました。母も、同行援護従業者の応用資格を持っていて視覚障がい者の外出のお手伝いをすることがあるそうです。興味を持った私に援護の正しい腕の掴まり方や狭い道の通り方、段差があるときのかけ声など少しずつ教えてくれました。
 私の中学校ではふれあい集会というものがあります。様々な障がいをお持ちの方に来校して頂き、普段の生活の様子などのお話しを聞かせて頂きます。その時、各教室へ生徒がご案内するのですが、私は障がい者の方に何かあってはいけないと思い、その方の腕を掴みながら「危ないから気をつけて下さいね」と繰り返し声をかけていました。相手の方は優しく笑って「ありがとうね」と言って下さったけれど、本当に正しい援助だったのでしょうか。私は相手の方は視覚障がい者だから速く歩けるわけがないと思い込んでいました。本当はどれくらいの速さで歩きたかったのだろうか。段差も何もない安全なろう下で繰り返し注意を呼びかけたことで、かえって不安な思いをさせてなかっただろうか。初対面なのにベタベタと体に触れて嫌な気分にさせてなかっただろうか。今になって思うと大変申し訳ない気持ちになります。
 あの同行援護の男性は、過剰なサービスをしている様子はなかったけれど、相手に合わせて確実に安全な援護を提供していました。
他人の援助をする上で大事な事は、自分の思いよりも相手に合わせることが一番大切だと思いました。見た目親切に思える行為も、相手に出来る能力があるなら、過剰な援助でその能力を妨げてはいけないと思いました。同行援護を知ることで、過保護は真の親切ではないことを学びました。これからは、人が本当に必要とするお手伝いをしていきたいと思います。そのためには、相手にとって何が良い援助なのかを考えて行動できる人間になりたいです。

《高校の部》

甲府南高等学校1年 小西 真由

盲導犬と共に生きる

 私は中学一年生の頃、年に一度のふれ合い授業で一人の目の不自由な男性と一匹の盲導犬に出会った。当時、私は男性を送迎する係で男性と過ごす時間が他の生徒より多く、男性は人見知りな私に対して優しく話しかけてくれた。目が不自由でもできる野球(グランドソフトボール)がある事、本は朗読された物を聞いて楽しんでいる事などたくさんの事を聞いた。そして待機場所から私の教室へ移動する時、ふと男性が私に盲導犬と歩いてみないかと提案した。私は悩んだ。何故なら私は犬が苦手で触る事ができないからだ。しかし、男性は怖がる私を見て「この子は絶対噛まないから安心して。少しだけ目を閉じてこの子とくっついて歩いてごらん」と優しく言って私にリードを渡した。私は恐る恐るリードを持ち、盲導犬にくっついて目を閉じた。真っ暗な中、左足に当たるフサフサした温もりは私を安心させた。何も見えない中で温もりがゆっくり動き出すのに合わせて歩く。ふらつかないようぴったり寄り添うのはなんだかくすぐったくて楽な気持ちになれた。ちょっと歩くと温もりが止まったのでそれに合わせて私も止まる。目を開けるとそこは教室の近くだった。「すごい!」と私は興奮気味に足元にいる盲導犬を撫でた。犬が苦手で触れなかったことが嘘のようだった。
 男性は笑顔で「どうだった?見えなくてもまっすぐ歩けただろう?私は目が見えないから、この子が代わりに見て教えてくれる事で私はいつも安心して歩く事ができるんだよ」と言った。その後ずっと男性と盲導犬が寄り添っていた姿が印象に残っている。
 目の不自由な人にとって盲導犬がどれほど大切な存在なのか、という事が私は盲導犬と触れ合った体験を通してより分かった。目の不自由な人にとってあの温もりは大きな支えなのだ。しかし、社会はまだ盲導犬に優しいとは言いきれない。最近盲導犬とともに入れる店は増えてきたが、まだまだ少なく人々に受け入れられてないのが現状だと思う。以前の私のように犬が苦手な人やアレルギーを持つ人も勿論いるだろう。そういう人が盲導犬を店内に入れる事に否定的なのも十分理解できる。それならば店が変わればいい。喫煙席や禁煙席があるように、空間を分ける事で皆が心地よく利用できる店になればいいと私は思う。互い配慮し合う事ができた時、盲導犬と共にいきるとはなにか、我々は初めて理解できるのだろうと私は思っている。

生活体験文最優秀作

《児童生徒の部》

山梨県立盲学校小学部6年 山宮 叶子

『六年間で学んだこと』

 私は、小学校生活でたくさんのことを学びました。例えば、形がわからない物は、実物を触ったりして、発見をしました。
 特に、社会科の授業では、外に出て勉強することが多く、その分、たくさんの発見がありました。他の小学校と同じように、もちろん警察署や消防署、浄水場などにも行きました。ですが、他の小学校だとなかなか行かない場所にもたくさん行きました。社会の授業では昔の人たちが洪水や大雨から自分たちの土地を守るために、作った将棋頭や信玄堤を見学に行きました。そして、実際にのぼることで、高さや幅、距離などを白杖を使って知りました。
 五年生の社会では、盲学校の近くの田んぼで、田植えと稲刈りをさせていただきました。農家の方にも詳しく話を聞くことができました。刈った稲を甲府市民俗資料館で、昔、使われていた足踏み脱穀機やとうみを使って、脱穀をしました。これを体験したことで、米作りの大変さや昔の米作りについて学ぶことができました。
 六年生の社会では、一学期に山梨県立考古博物館に行きました。教科書に図がのっていても、大きさや高さなどが分からなかった古墳に実際にのぼりました。とても高くて大きくて驚きました。昔にこんな大きなお墓があったと思うと、とてもすごいことだと感じました。
 小学校生活で、勉強してきたことのまとめになったのは修学旅行です。二泊三日で、東京に行きました。そして、めったにできない体験がたくさんできました。また、盲学校の修学旅行は、電車と都バスなどを使って移動します。そのため、四年生ぐらいから電車の乗り降りを練習してきました。当日は、スムーズな移動ができました。
 私が修学旅行で印象に残った体験が3つあります。一つ目は相撲部屋の見学です。甲府市出身の竜電関がいる髙田川部屋に行きました。稽古をみたり、ちゃんこを食べたりしました。事前学習で、盲学校の近くの池田小学校の土俵で相撲について勉強してたので、さらに深めることができました。
 二つ目は、東京タワーで、展望台まで階段でのぼったことです。事前学習では、タワーの模型をさわり、設計者の内藤多仲のことについても勉強しました。当日は、高さを感じながら、階段をのぼりました。
 三つ目は、人力車と水上バスに乗ったことです。東京のにぎやかさや風を間近で感じることができました。それだけでなく、さまざまな体験ができてとても楽しかったです。
私の小学校生活は、知って想像して、触れて、発見するということの繰り返しでした。ある程度の情報を本などで知り、その実物を想像して、触れる物だったら触って、本などで分からなかったことを発見するということです。だから、これまでいろいろなことを学ぶことができました。
 私が小学校六年間で一番大事だと思ったことは、本や教科書だけではなく、体験して学ぶということです。そこから学んだ知識を応用して、今後の学習でも深めたり、発見をしたいです。

《一般の部》

富士川町  谷 龍三

eye犬(ムーラン)と共に

 私とムーランとの出会いは、2015年11月16日でした。(富士ハーネス盲導犬訓練センターにて)私は、ペットはおろか小鳥すら飼った経験が無いので、こんな大きな犬と生活を共にする不安と戸惑いでいっぱいでした。そんな私の胸の内を察してか、無邪気に尻尾を振りながら、初めましてムーランです。そんなに緊張しないで、宜しくねと言いたげにじゃれてきました。扱いに慣れていない私は、戸惑いつつ、こちらこそ宜しくと頭を撫でました。このような感じで、ムーランと生活をする上での基本的なことを身に着けるための共同訓練が始まりました。
 共同訓練は、私もムーランも初めての経験でお互いに戸惑う中、ムーランは、私に気を使いつつも自分のやるべき事はしっかりと仕事をしていましたが、私がムーランの動きを読み取ることがなかなか出来ず、ムーランに迷惑を掛けてばかりでした。障害物、段差、曲がり角の手前で速度を落とし止まるのですが、その動きをハーネスを返して左手で読み取り備えることが、なかなかタイミングが合わず、段差に躓いたり、曲がり角を見過ごしたりと失敗ばかりでした。訓練士さんの適切な指導により何とか1か月間の共同訓練を終えることができました。
 2015年12月中旬、ムーランとの実生活が始まりました。家の周りを歩いてみましたが、訓練中と違い、思うようにはいきません(指示を出すのですが、なかなか伝わらず、ムーランは、ふらふらどうすればいいのと言いたげな様子で私の顔を見上げます)。私は共同訓練中に指導を受けたことを思い出しながらムーランに指示を出すのだから、仕方のない事ですけどね。犬と散歩した経験もないし、号令を掛けながら歩く事もないので、私自身困惑した中での生活がスタートしました。ムーランに導かれて歩くのも大変でしたが、それ以上に私にとってストレスを感じたのは、排泄コントロールと体調の維持でした。
 犬についての知識が全くないので、何をどうして良いのか右往左往する日々が続きました。体調に関しては、元来が丈夫なようで幸いな事にこれまで体調を崩したことはなく大変に助かっています。
 私が一番苦労したのが、排泄のコントロールです。散歩に出かける前に排泄(ワン、ツー=盲導犬用語)させるのですが、途中で座り込みボトン、シャーと粗相をすること度々、その都度始末をするのが大変なストレスで、ムーランと出かける事が億劫で、家に置いて出かけることもしばしばありました。フードを変えてみたり、訓練士さんに相談したりと試行錯誤を繰り返しましたが、自分の都合に合わせようとしてムーランのことを考えてなかった事に気づき、ムーランの様子を見ながら、自分の都合を鑑みて排泄時を考えるようにしたところ、最近では、巧くコントロール出来るようになりました。犬とはいえ感情を持った動物ですので、しっかりとコミュニケーションをとる事で、お互いの理解を深め、信頼関係を構築し、良きパートナーとして歩んで行く事が出来るのだと思います。
 私の夢は、僅かな残存視力と妻の助けを頼りに写真を撮る事が趣味で、これからは、妻に負担を掛けないようにムーランの助けを借りて写真を続けたいと思っています。そして私は、家族をはじめ多くの人たちに支えられてこれまで歩んでこれました。ムーランとムーランを盲導犬として育て訓練をして下さった日本盲導犬協会の皆さんに感謝を忘れずに歩んで行こうと思っています。
 これから盲導犬のユーザーにと考えている皆さんへ、私は、ムーランと散歩をして公共交通機関を利用して出かけた時に、正直なところ面倒だなっと思う事は多々あります。そして恐怖感や不安感が無いわけではありませんが、今では、家族の一員であり良きパートナーなので、ムーランがそばにいることが大きな安心感となり、前を向き 胸を張って歩く事が出来るようになりました。