広報誌「うるおい」(拡大版)第331号 2017年10月20日発行

目次 山梨ライトハウスから皆さんへ山視福協から山視協からことばのミニ解説うるおい俳句教室暮らしのヒント用具部からのお知らせ
新しい図書の紹介 デイジー図書シネマデイジー点字図書デイジー雑誌点字雑誌

ライトハウスから皆さんへ

第63回白い杖愛護運動月間行事のご案内

 11月は、白い杖愛護運動月間です。山梨ライトハウスは、山梨県・山梨県教育委員会と共催で、今年も県民一人ひとりが目の不自由な皆さんを正しく理解し協力すること、目の不自由な皆さん自身も積極的に自立し、進んで社会活動に参加することのできる「ユニバーサル社会」を目指して運動を続けています。この活動に後援をいただいている団体を順不同・敬称略でご紹介します。山梨県社会福祉協議会、山梨県市長会、山梨県町村会、山梨県共同募金会、山梨県連合婦人会、山梨県交通安全協会、山梨県公立小中学校長会、山梨県高等学校長協会、山梨日日新聞社、山梨放送、NHK甲府放送局、読売新聞甲府支局、テレビ山梨、山梨県立盲学校、山梨県障害者福祉協会、山梨県ボランティア協会、山梨青い鳥奉仕団、山梨県視覚障がい者福祉協会、山梨県眼科医会、山梨アイバンク、山梨県タクシー協会、山梨交通株式会社、富士急行株式会社です。

今年63回を迎える白い杖愛護運動の月間行事をご紹介します

■白い杖・盲導犬キャンペーン

日時 11月1日(水) 午前7時30分~8時30分
場所 甲府駅南口及び北口 他郡内地区2か所
内容 啓発キャンペーンとふれあいの鈴の配布、広報車にによる甲府市内での啓発活動

■白い杖福祉の集い

日時 11月5日(日) 午前10時~11時30分
場所 山梨県立盲学校体育館
内容 奉仕者知事表彰、白い杖愛護作文・生活体験文表彰 最優秀作文発表

■ライトハウス福祉祭

日時 11月5日(日) 午前11時30分~午後2時30分
会場 青い鳥成人寮前庭 雨天の場合は盲学校体育館
内容 甲府西幼稚園和太鼓演奏、各施設の出し物、点字ミニ教室、盲人用囲碁教室、青い鳥ホームマッサージ奉仕治療、ふれあいコーラス、お楽しみ抽選会等が予定されています。その他に、食欲の秋にふさわしい模擬店販売もお楽しみください。

なお、白い杖福祉の集いにご参加の方は、甲府駅南口信玄公像前から9:20と9:30に送迎車がでますのでご利ください。福祉祭からご参加の場合は、10:30と11:00の送迎車をご利用ください。
 お帰りの際は、14:30と15:00に成人寮前庭から甲府駅まで車を出す予定です。合わせてご利用ください。皆さんのお越しをお待ちしています。

山視福協から

初秋の箱根路を散策して  体育文化部部長 埜村和美

  今年の体育文化部研修は9月10日、天候に恵まれた箱根路の旅でした。最初に訪れたのは、仙石原にある創建1658年の長暗寺の五百羅漢で、境内から裏山にまで続く坂道に、たくさんの石像がありました。五百羅漢とは、聖者として尊敬を集める仏陀のお弟子さん500人のことで、それぞれの羅漢の表情や仕草が楽しく、苔むす体に触れたり持っている本や瓢箪、猪口などを確かめたりして、そのユーモラスな雰囲気を味わいました。駐車場から寺までの道筋には3つの交差点があり、歩道も狭かったため移動に時間がかかり、ゆっくり鑑賞できなかったことが残念でした。その後芦ノ湖のターミナルの湖尻港から、遊覧船に乗船しました。芦ノ湖は箱根山の堰止湖で、南北7キロメートル周囲20キロメートルの淡水湖です。遊覧船は2つの胴体で支えられた双胴船で、優れた安定性と船体2隻分の広さを持ち、波の穏やかな水面を静かに滑り出しました。そして展望デッキで湖面を渡る風を全身に浴びながら、関所跡港までの30分ほどの小さな船旅を楽しみました。昼食の後は、最後の見学地の箱根湿生花園です。ここは湿原をはじめとして、川や湖沼などに生育する植物を中心にした植物園で、園内には日本の低地から高山に生育する200種をはじめ、外国の山草も含め約1700種の植物が、四季折々に花を咲かせています。私たちは木道をゆっくり歩き、右に左に水音を聞き、風に揺れる秋の野草に触りながら、林の中を散策しました。帰りのバスの中では1号車2号車ともカラオケを楽しみ、幾つかの思い出もお土産に帰途に着きました。駐車場を快く提供してくださったラリック美術館や、バスの乗務員さん付き添ってくださった皆さん、ありがとうございました。

山視民協から

山視民協情報から  副会長 伊東一敏

 今号は本会が発行している山視民協情報について簡単に紹介しながら先月に出した「平和について考える」をお伝えします。
本会はそれまでの点字による山視民協だよりやテープ版の声の機関紙「あゆみ」から、速報性のあるメール版を中心にした情報誌「山視民協情報」に発展させ2005年の7月に創刊されました。そして12年余りの間に80号を出しています。そして視障者の生活に役立つ情報や本会の活動・運動への参加と協力のよびかけ・視障者の利益に関わる問題など幅広く取り上げお伝えしています。
こうした中で日本を取り巻く状況や世界の動き、核兵器禁止条約に背を向ける日本政府の態度を含め平和に関わる問題に対する時の政権の対応など平和とは到底言えない状況にあること、平和であってこそ障害者が安心して生きていけるという本会の運動理念に照らして、今こそ平和の尊さを共有したいと思い、9月14日発行の情報80号「平和について考える」のテーマを特集として企画しました。そして、これへの投稿を呼びかけたところ、5人の読者の方から次のタイトルで原稿が寄せられました。核兵器禁止条約の採択に思う・平和な世界の構築について・戦争と平和を考える・戦争に反対、憲法九条を守り平和な社会を築こう・平和の祈りです。「それぞれに問題の取り上げ方は違うけれど、戦争は許さない、平和を守り抜いていこうと言う強い思いがこめられている」「すばらしい原稿に感動した」などの感想が寄せられました。また、核兵器の禁止条約について意見が寄せられています。「大切なことは、この条約を全世界の共通の課題にすることだと思います。個々人の願いを、各国の方針につなげていきたいですね」これを企画した私たちもこの投稿に胸を熱くし、そこから学ばせていただき、励まされました。
これからも山視民協情報は戦争と平和と言うテーマを取り上げていきます。メール版になりますが、この機会に山視民協情報を聞いてみませんか。

連絡先
桜林正巳 携帯 090-1663-2675
伊東一敏 電話 055-285-2124  宜しくお願いします。

ことばのミニ解説

 今月は、インターネット通信用語「テザリング」について解説します。スマートフォンや携帯電話を経由して、無線LANなどのネットワーク機能を搭載したパソコンやタブレット端末をインターネットに繋いで利用できる機能のことで、テザー(Tether)機能とも呼ばれ、Tetherには「つなぐ」という意味があります。
テザリング機能を利用してインターネット接続できるデバイスは、ノートパソコンやタブレット端末の他に、DSなどの携帯ゲーム機などがあります。
テザリングには、Wi-Fi(ワイファイ)を使った無線通信による「Wi-Fiテザリング」や、USBケーブルを使った有線による「USBテザリング」、「Bluetooth(ブルートゥース)テザリング」の3種類の方式があるそうです。非常に便利なテザリング機能ですが、スマートフォンやノートPC、タブレット端末を利用したネット通信においては、通信量が多くなりがちですので、注意して使いたいものです。

うるおい俳句教室 越石 一彦 選評

井口 貞子
豪雨行き未明うれしき虫時雨
(評)雨もようやく上がり、辺りに虫の音が戻ってきました。「うれしき」とありますが、直接的な感情は俳句では抑えた方がよろしいでしょう。「豪雨去り闇あたらしき虫時雨」ならうれしさも滲んできますでしょうか。

縁にぎわい十五夜様はまなうらで
(評)満月の光りを浴びた芒の穂と、たくさんの秋の味覚が縁側に浮かび上がりました。作者の心の中にて名月の光りを感じ取っています。縁の賑やかさと心の静謐さの対比が見事です。

埜村 和美
逝きし母の齢賜り草の花
(評)亡き母と同じ年齢を迎えたことへの感謝の気持ちが一句の中に溢れています。「草の花」という控えめな季語の選択が心憎いほど一句を優しく包んでいます。秀句です。

喪の家の褪せたるままの秋簾
(評)喪中の家の寂しさを「褪せた簾」で表現した写生句です。「秋の簾」とすることで一層悲しみが深まっています。「物」「事」で感情を表現させる俳句のツボをしっかりと押さえています。

加藤  隆
箱根旅車内もはずむ処暑の風
(評)夏の暑さも峠を越えた処暑、いよいよ旅のシーズンですね。澄み渡った箱根の景色が一句に拡がっています。芦ノ湖の湖面もキラキラと輝いています。

高坂 康平
忘れえぬ落穂拾いとつぼの味
(評)私の子供の頃も落穂拾いとツボ獲りはセットになっていました。稲刈を終えた日のツボの味噌汁の味は格別でした。「つぼ」は知らない人も多いことでしょうから「田螺」と表記して「つぼ」とルビを振るとよいでしょう。

警戒も虚しくぶどう泥棒に
(評)どうにも空腹で一房というならまだしも、計画的に大量に掠め取る犯罪は絶対に許せませんよね。それにしてもこれを五・七・五にて訴えるとは恐れ入りました。

小松 瑛(あきら)
卒塔婆競ふ背伸びの曼珠沙華
(評)葉がなく、茎がまっすぐに伸びた曼珠沙華の特徴をよく捉えた写生句ですね。曼珠沙華は毒を持ち、動物に掘り起こされぬように墓域によく植えられたと言われています。

小川 賢治
秋の暮疲れたままに歩き出す
(評)どっぷりと暮れた秋の情景を「疲れたままに」と表現しました。しかし、ずっと秋の寂しさの中に留まっているわけにはいきません。「歩き出す」という言葉で作者は前進する大切さを噛みしめています。

風起こし素直なままの秋扇
(評)「素直なままの」という表現をどう捉えるかがこの句のポイントですね。初秋らしい爽やかな風を送っている扇と捉えました。季節の変わり目がはっきりと感じられる一句です。

石井 迪男(みちお)
覗き見る猫の鈴鳴る石榴かな
(評)猫と石榴の取り合わせがたいへん面白いですね。さらに、猫に鈴をつけたことがこの句を引き立たせています。石榴の深い赤と猫の鈴の澄んだ音色が共演しています。

中牧 洋子(ひろこ)
箱根路のどんぐりはまだ枝の先
(評)音読して非常に響きの好い俳句らしい一句ですね。秋晴れの大景から、一気に枝の先のどんぐりに焦点を持ってきた作者の手腕、秀句です。

うろこ雲湖上の風に神揺るる
(評)前句同様、空一面のうろこ雲から一気に場面が湖上の風に移りました。句柄の大きさに繋がっています。湖面に映るうろこ雲も爽やかな秋風に揺れ始めました。

「総評」

句作のヒント
①「物」に語らせる。
 埜村さんの「逝きし母の齢賜り草の花」では、亡き母と同じ年齢を迎え、これからもさり気なく生きていこうという作者の思いを、飾り気のない「草の花」に象徴させていて読者を惹きつけます。「物」に語らせる良きお手本となる作品です。
②「大景」から「小景」へ
 中牧さんの「箱根路のどんぐりはまだ枝の先」では、箱根路という秋の「大景」から、枝の先のどんぐり一粒に焦点を移して一句に拡がりを与えています。この技法もぜひ参考にしてみてください。
次回はもう「晩秋」の候でしょうか。深まりし秋の一句を心待ちにしています。

「旅ここに桔梗のひらく音とゐて」 一彦

それでは、25日締め切り厳守で、ご投句をお待ちしております。

暮らしのヒント

今月の暮らしのヒントは、「ノロウイルスに注意しましょう」です。

 ノロウイルスの食中毒は、10月~2月がピークです。
食中毒というと、夏場に多く発生する病原性大腸菌やサルモネラ菌などによる「細菌性食中毒」をイメージするかもしれませんが、冬場も夏場と同じように注意が必要です。
 冬場に多く発生するものは「ウイルス性食中毒」です。代表的なものがノロウイルスで、年間を通してみると食中毒にかかった患者数が最も多いのがノロウイルスによるものです。

1.日常生活で気をつけるポイントは・・
帰宅直後、食事の前、トイレの後などこまめに石けんを使って、指の間、爪の内側までていねいに手洗いをしましょう。
体調不良になるとウイルスに対する抵抗力が低下するので、普段から適度な運動を行い、栄養や睡眠などを十分にとって体調を管理しましょう。

2.食生活で気をつけるポイントは・・
食中毒を防ぐためには、ウイルスに対する抵抗力、免疫力をアップさせる食生活を心がけましょう。
多品目の食品を、1日3回の食事でバランスよく食べましょう。ヨーグルト、オリゴ糖など、腸内の善玉乳酸菌を増やす食品を積極的にとり、腸内環境を整えましょう。
タマネギ、梅干しなどの殺菌、解毒作用のある食品をとりましょう。

新しい図書の紹介

◎デイジー図書

10-1

枡野(ますの) 俊明(しゅんめい) 著 4:42
感情の整理ができる人は、人生うまくいく

内容 迷い、悩み、悲しみ、憤り…。自分の感情を持て余すことなく、上手に向き合っていけば、人生はもっと善きものになる。感情に振り回されない「禅の訓(おし)え」を、乱れた心を整理する50の言葉とともに紹介する。 (音訳者 志村 理恵)

10-2

柳谷(やなぎや) 素霊(それい) 著 1:11
秘方一本鍼伝書(ひほういっぽんばりでんしょ)

内容 歯痛・鼻病・耳痛・眼疾・喉の病・上肢下肢痛・急性淋病・便秘・四十肩・五十肩・肩胛骨のコリ・五臓六腑の不調などに効く(他館複製図書)

10-3

小松 成美(なるみ) 著 12:15
中田英寿 誇り

内容 怒り、孤独、歓喜、挫折、名声…本場ペルージャへの電撃移籍からドイツW杯における日本サッカー崩壊。そして、世界を巡った一年。かつてどんな日本人も直面しなかった壮絶な体験と、孤高のプレイヤーの本心が初めて明かされる。(音訳者 武藤 紀子)

10-4

朽木(くつき)  祥(しょう) 著 5:35
八月の光 失われた声に耳をすませて

内容 7万人もの命を一瞬にして奪った「光」。原爆投下によって人々のかけがえのない日常は、どう奪われたのか。ヒロシマを生きた人々の「魂の記録」ともいうべき7つの物語を収録する。(音訳者 横内 藤子)

10-5

朝比奈 あすか 著 3:13
あの子が欲しい

内容 情報戦を制し、新人採用プロジェクトを完遂せよ!採用者側から就職戦線をリアルに描いた新しい「就活」小説。(音訳者 土屋 葉子)

10-6

酒井 順子 著 8:13
源氏姉妹(しすたあず)

内容 馴れ初め、受けた仕打ち、そして閨(ねや)の技術……酒井順子のリードで光源氏の恋人達が本音を暴露。源氏物語が心底わかるイタコ随筆降臨。(音訳者 長田 久子)

10-7

出久根 達郎 著 7:30
御書物(おしょもつ)同心日記 1

内容 丈太郎(じょうたろう)は三男坊の厄介者だが、本の知識は誰にもひけをとらない。そこを見込まれて、御書物同心の跡継ぎとなった。新米同心が出会う事件を、江戸情緒豊かに綴る連作集。(県立図書館委託図書)

10-8

柴出久根 達郎 著 7:30
御書物同心日記 2 秘画(ひが)

内容 紅葉山(もみじやま)御文庫(おぶんこ)の最大行事「御風干(ごかぜぼ)し」最中にまたまた事件が。丈太郎が仲間と解決してゆく「御書物同心日記」の第二弾。(県立図書館委託図書)

10-9

出久根 達郎 著 7:30
御書物同心日記 3 虫姫

内容 御書物同心日記第三弾。丈太郎とその同僚角一郎(かくいちろう)たちの江戸の日常にも、ちょっとした事件が。(県立図書館委託図書)

10-10

荻原(おぎわら) 規子(のりこ) 著 4:33
ファンタジーのDNA

内容 大ヒットファンタジー「RDG(レッドデータガール)」シリーズの作者が、自分の出逢ってきた本について書き綴ったエッセイ集。(県立図書館委託図書)

◎一般CD
サウンド文学館

10-1

アンデルセン 著 1枚
絵のない絵本  朗読 藤田 弓子(ゆみこ) 他

10-2

ワイルド 著 1枚
幸福な王子  朗読 堀川 亨(とおる) 他

10-3

キャロル 著 1枚
不思議の国のアリス  朗読 比企(ひき) 理恵(りえ) 他

10-4

バリー 1枚
ピーター・パン  朗読 梨羽(なしわ) 由記子(ゆきこ) 他

10-5

フーケー 1枚
水妖記(ウンディーネ)  朗読 内田 稔(みのる) 他

10-6

ウェルズ 著 1枚
透明人間  朗読 草野 大悟(だいご) 他

10-7

星  新一 著 1枚
ノックの音が  朗読 田中 美佐子(みさこ) 他

10-8

安部 公房(こうぼう) 著 1枚
人魚伝  朗読 古川(ふるかわ) 登志夫(としお) 他

10-9

筒井 康隆(やすたか) 著 1枚
時をかける少女  朗読 岡坂(おかさか) あすか 他

10-10

宮沢 賢治 著 1枚
銀河鉄道の夜  朗読 天地(あまち) 総子(ふさこ) 他

寄贈:小松 磬子(けいこ)様)

◎点字図書

10-1

アンドレス・ダンサ 著 全6巻
悪役  世界でいちばん貧しい大統領の本音

内容 国連会議でのスピーチで世界中から注目された、第40代ウルグアイ大統領、ホセ・ムヒカ。大統領時代には言えなかった本音を、19年間、彼に取材を続けてきた現地政治ジャーナリストらが描き出す。(点訳者 長瀬 由美子)

10-2

桜雲会 編 全1冊
みんなで学ぼう!年中行事

内容 視覚障害者が葬儀に参列するときに必要と思われるマナーやしきたり、葬儀を行うときに必要な準備などを紹介した冊子。用語集も収録。点字と活字を併記する。音訳版を収めたCD付き。 (県立図書館委託図書)

10-3

福井 哲也 著 全2冊
エッセンシャルガイド 統一英語点字UEBで何が変わるか

内容 統一英語点字(UEB)で9つの縮約(略字)が廃止されるほか、句読符なども一部変わります。現在の書き方から、どのように変わるのか豊富な用例を交え、基礎からわかりやすく解説。(県立図書館委託図書)

10-4

金子 修 文   たかはし こうこ 絵 全1冊
つたえちゃ王 てんじ手作り絵本 16

内容 大きな声と笑顔で元気をつたえる、つたえちゃ王国。明るい王さまといっしょに、見えない・見えにくい人たちの先人の業績や歴史、文化について学ぶ。点字を併記した楽しい絵本。(県立図書館委託図書)

10-5

金子 修 文  ちふゆ  絵 全1冊
ためしちゃ王 てんじ手作り絵本 8

内容 あいうえ王さま、頭の中はアイデアいっぱい!どんなことにも挑戦する王さまといっしょに、視覚障害者に便利な道具の扱いや、身近な物にデザインされた使いやすくする工夫などを勉強する。(県立図書館委託図書)

10-6

徳永  進 著 全3冊
どちらであっても 臨床は反対言葉の群生地

内容 生きると死ぬ、エビデンスとナラティブ。臨床の現場で患者と向き合う中で見つけた反対言葉たち。現代社会の中で自由に生き、看取るためには。それらをめぐる思いを綴る。(他館複製図書)

10-7

澤田 喜子(よしこ) 著 全1冊
私の見たかわいそうなゾウ

内容 上野動物園から逃げだしてきたサルに遭遇した子ども時代、戦争のさなか死んでゆくゾウたちとの最後の記念撮影…。戦前・戦中・戦後を通して上野動物園に勤務していた著者の回想録をもとにしたノンフィクション。本書の朗読を収めた一般CDが付属。(県立図書館委託図書)

10-8

松井 孝嘉 著 全2冊
不調の95%は、「首」で治る!

内容 原因不明の頭痛、さまざまな不定愁訴の原因として「首」に着目し、頚(けい)性(せい)神経筋(しんけいきん)症候群(しょうこうぐん)(頚筋病(けいきんびょう))を発見した名医が、不調を解消する「首」健康法を紹介する(県立図書館委託図書)

・自然医学
10-9

NHK科学・環境番組部 著 全2冊
「腰痛(ようつう)」「ひざ痛(つう)」「肩こり」解消の新ワザ

内容 「腰痛は体操で治す」「ひざ痛は安静が一番」「肩こりはまず“こり”ほぐし」と、よく言われるけれど…。これまでの対処法とは違う、自宅で簡単にできる本当に正しい改善法を完全公開。(県立図書館委託図書)

10-10

NHK科学・環境番組部 著 全2冊
NHKためしてガッテン 科学のワザで脳から若返る

内容 脳から元気になって、イキイキ生活を送りましょう!生活の中で簡単に取り組める、最新の脳科学をもとにした、脳の老化を防ぐ秘訣を数多く紹介。(県立図書館委託図書)

10-11

マガジンハウス 著 全3冊
時短・かんたん、賢い掃除のコツ。

内容 ホコリを制する掃除の新常識、トイレと風呂の時短掃除法、家具を長持ちさせるケア…。掃除上手が、できるだけ短い時間で、賢く、ラクに掃除するコツを伝授する。(県立図書館委託図書)

10-12

日本こだわり学倶楽部 著 全3冊
この言葉の「違い」、説明できますか?

内容 知っているようで知らない、日本語の違いにとことんこだわった1冊。食べ物や常識についてなど、楽しく薀蓄(うんちく)が身につくのはもちろんのこと、ニュースでよく出てくる言葉なども取り扱っているので、仕事にも役立ちます! 日本語力がとことんアップする1冊!(県立図書館委託図書)

10-13

神永(かみなが)  学(まなぶ) 著 全5冊
怪盗探偵山猫 [5]

内容 猿の仮面を被った謎の男たちに襲われた少女を助けた勝村(かつむら)。少女は猿の娘と名乗り、父が遺したある物を見つけるために山猫を探しているという。どうやらかつて世間を賑わした窃盗団・三猿(さんえん)が関係しているらしいが…。(点訳者:青い鳥奉仕団点訳部)

10-14

南條 範夫 著 全5冊
元禄小源太(げんろくこげんた) 上

内容 時は元禄。江戸の片隅で五代綱吉の犠牲者だった二人の浪人が出会った。二人は綱吉の暗殺を計画する。しかし、好機はなかなか訪れず、焦燥の日々を重ねる…。時流に背き、公儀に楯つく素浪人の痛快な反逆ぶりを描く長編時代小説。(点訳者 古屋 玲子)

10-15

ロイス・ローリー 著 全3冊
ドリーム・ギバー

内容 記憶のかけらを集め、夢を紡ぐドリームギバー。彼らの仕事は幸福な夢を人間に贈ること。渾身の力をこめて、希望の言葉を夢の中にすべりこませてゆく…。現実とファンタジーが交錯する物語。(点訳者 青い鳥奉仕団点訳部)

10-16

キャスリン・ラスキー 著 全4冊
ファオランの冒険 4  仮面をかぶった預言者

内容 仮面をかぶった「預言者」のうわさを聞いたファオランとエドメは、正体を突き止めようとする。いっぽうグウィネスは父の墓を何者かに暴かれ…。「ガフールの勇者たち」の続編。(点訳者 天野 宰子(さいこ))

10-17

キャスリン・ラスキー 著 全4冊
ファオランの冒険 6  果てなき青み〉へ!

内容 ファオランは仲間を連れて新しい世界への旅を続ける。ところが、ヒープが手下を引き連れてあとを追っていた。ファオランとエドメにも、転機がおとずれ…。シリーズ完結編。(点訳者 今西 隆行)

◎デイジー雑誌

農林水産省委託 1枚
平成28年度 食料・農業・農村白書
国税庁広報広聴官委託 1枚
私たちの税金 成29年度版
内閣府政府広報室委託 1枚
明日への声 Vol.57 平成29年10・11月号

◎点字雑誌

国税庁広報 広聴官委託 1冊
私たちの税金 平成29年度版
内閣府政府広報室委託 1冊
ふれあいらしんばんVol.57 平成29年9月発行
日本盲人キリスト教伝道協議会寄贈 1冊
信仰 2017年9月号
信仰 2017年10月号
厚生労働省委託 1冊
点字 厚生 第263号  2017年9月号
全日本鍼灸マッサージ師会寄贈 1冊
月刊 東洋療法 281  2017年9月1日発行
月刊 東洋療法 282  2017年10月1日発行

≪用具部からのお知らせ≫

 リンクポケットとPTP1のバージョンアップについて
9月中旬に上記の2種のバージョンアップがシナノケンシよりホームページに掲載されました。両機種をお持ちいただければライトハウスでもバージョンアップが出来ますので、まだお済でない方は、ご来館ください。その際は、事前に電話予約の連絡をお願いします。
さて、11月は白い杖愛護運動月間です。
日ごろからご愛用頂いている白杖の使用上の注意点やお手入れ方法をご紹介します。

1 手で握る部分(グリップ)のお手入れ
ゴムグリップの巻いてある杖は、2~3か月に一度くらいは、中性洗剤をスポンジに含ませて洗い、陰干しをして下さい。また、夏など手汗をかいた場合は、ベビーパウダーを薄くつけると良いでしょう。

2 白杖の柄(え)(シャフト)
携帯用は、4~7本のシャフトから出来ています。路面の凸凹の衝撃は、シャフトのつなぎ目で吸収されます。シャフトに触って分かるヒビが入っていたら修理が必要です。
また、つなぎ目にほこりなどが付着したまま、抜き差しすると、傷が付き、抜きにくくなったりしますので、折りたたんでいる際は、専用の巾着などの袋にいれると良いでしょう。
1本に組み立てる際は、上から一本一本丁寧に差し込みましょう。束ねた杖をパタパタと床へおろし、トンと石突をついて一本にされる方がいますが、シャフトのつなぎ目に細かい傷がつきますので、注意しましょう。

3 折りたたみ杖の中ゴム
日常の注意点としては、折りたたむ際は必ず、杖の真ん中に近いシャフトから折り、たたんで下さい。こうしてたたむと均等にゴムが伸びますから、ゴムのもちが良くなります。冬は、出来れば温かい部屋で、1本にしておくことが理想です。杖にとって折りたたんでいる時が、ゴムが一番伸びているので、長い間折りたたんだままにしておくことは、避けたいものです。

4 石突(いしづき)
石突は、常に路面へ接する所ですから、一番消耗します。石突のほとんどは、ナイロンで出来ています。寒い冬は、温度差で割れることもあります。出来れば、いつでも変えられるように予備が手元にあるといいですね。
ご自分の杖の日ごろの使い方を見直し、点検してみてはいかがでしょうか?

ライトハウスにお持ち頂ければ点検をします。点検項目は、
1.ゴムグリップ部分の消耗
2.シャフト部分の塗装や曲り、破損
3.中ゴムの強度、破損
4.石突の摩耗など
修理内容
1.無料での修理は、石突(スタンダード)の交換のみで、用具部の在庫限りです。
2.その他の部分で修理が必要な場合は、業者に出すこととなりますのでご了承願います。なお、その際の修理費用は、自己負担となります。
皆さんのご来館をお待ちしております。